忍者ブログ

TS-Design (ティーエス デザイン)

大きなデザイン、小さなデザイン、制作します。
TS-Design(ティーエス-デザイン)は奈良県生駒市のデザインオフィスです。
「看板制作」など大きなデザインから、「ロゴ書き起こし」などの小さなデザインまで幅広く手がけております。名刺やパンフレット、ホームページの制作も行っております。

総合デザイン制作

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2018-12-19)
|

社名・店舗名、ロゴなどを入れた「封筒」を制作致します。封筒サイズは、A4三つ折りが入る長3サイズ(235mm×120mm)、A4が折らずに入る角2サイズ(332mm×240mm)の2種類をご用意。
また、納品方法はお客様に封筒デザインデータを売却する「デザイン移譲タイプ」と印刷会社で印刷した封筒をご郵送する「通常印刷・納品タイプ」のどちらかを選択頂けます。


デザイン移譲タイプ

弊社で制作した封筒デザインデータをお客様に移譲(売却)する方法です。お好みの封筒をご用意頂き、お客様がお持ちのプリンターで印刷して頂く形になります。必要な時に必要な分だけ作成できるので経済的です。
刷り色(印刷色)に関してはこちらをご覧下さい。

オプションサービス

下記オプションサービスを追加料金無しでご利用可能です。

  • ロゴトレース (無料)
    印刷に使用可能なロゴデータをお持ちで無い場合。
    元になるロゴの画像データをご提供下さい。その画像から印刷用のロゴデータに変換致します。
    (注) 制作難易度が高いロゴの場合は料金を頂戴することもございます。
デザイン移譲後の修正について
  • 弊社からデザイン移譲が完了した後、内容の一部変更をご希望の場合は2,000円(税別)で承ります。
    例:電話番号や住所の変更が生じた場合、記載内容の価格に変更が生じた場合など。
料金設定表 封筒デザイン制作 デザイン移譲タイプ
封筒サイズ 金 (税別)
長3サイズ
(235mm×120mm)
6,000円
角2サイズ
(332mm×240mm)
8,000円

(注) 上記価格は税別です。


通常印刷・納品タイプ

印刷会社で印刷した封筒をお客様に納品する、通常の納品方法です。

封筒色(用紙)に関して

封筒色(用紙)は下記8色からお選び下さい。
刷り色(印刷色)に関してはこちらをご覧下さい。

 
クラフト
 
ケント
 
ホワイト
 
グレー
 
ブルー
 
ピンク
 
アクア
 
グリーン

(注) 上記封筒色について、モニターでご覧になった色と実際の色とは多少異なります。

オプションサービス

料金設定表の金額に、下記追加料金をプラスすることでオプションサービスがご利用可能です。

  • ロゴトレース (無料)
    ロゴを入れたいが、印刷に使用可能なロゴデータをお持ちで無い場合。
    元になるロゴの画像データをご提供下さい。その画像から印刷用のロゴデータに変換致します。
    (注) 制作難易度が高いロゴの場合は料金を頂戴することもございます。
  • 郵便番号枠のあり・なし (無料)
    長3サイズに限り郵便番号枠の有無をご指定頂けます。
  • フタ糊オプション
    長3サイズ・・・1枚あたり2円
    角2サイズ・・・1枚あたり4円
2回目以降のご注文について
  • 2回目以降ご注文の際は同一デザインに限り、下記料金表より2,000円割引致します。
料金設定表 封筒デザイン制作 通常印刷・納品タイプ
  • 下記以外の枚数も対応可能です。料金はお問合わせ下さい。
  • 下記料金は送料込みの金額です。
  • 下記料金は税別です。
長3サイズ
(235mm×120mm)
角2サイズ
(332mm×240mm)
100 8,800円 9,900円
500 11,200円 15,700円
1000 14,200円 23,000円

刷り色(印刷色)に関して

刷り色は下記15色より1色をお選び下さい。

 
黒(スミ) DIC 582
 
濃紺 DIC 222
 
赤 DIC 564
 
グレー DIC 544
 
青 DIC 578
 
金赤 DIC 565
 
茶 DIC 308
 
群青 DIC 579
 
紅 DIC 561
 
モスグリーン DIC 248
 
紫 DIC 581
 
橙 DIC 566
 
草 DIC 572
 
濃緑 DIC 644
 
赤黄 DIC 567

(注) 上記DICカラーについて、モニターでご覧になった色と実際の刷り色とは多少異なります。

PR
(2010-06-07)
トラックバック(0) |
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最古記事
最新TB
忍者ブログ [PR]